ブックレビュー,村上春樹

Thumbnail of post image 123

『街とその不確かな壁』について:その2

前回の考察のつづき。村上春樹の長篇はどれも「この世界とは何なのか」という問いがその核に位置していると思うのだが、『街』のように現実世界と非現実世界をいったりきたりする構成はそういった ...