The National

Thumbnail of post image 092

以下は僕が愛着をもって10年以上聴き続けているロックバンド、ザ・ナショナルについての情報をまとめたものである。あくまでも個人による調査なので、誤った内容も含まれているかもしれない。また音源についての情報もすべてを網羅できているわけでは ...

ブックレビュー

Thumbnail of post image 021

新田次郎の『アラスカ物語』を読んだ。レイモンド・カーヴァーの作品に「アラスカには何があるのか?」(”What’s in Alaska?”)という短篇があるが、この本を読んだあとでは「フランク安田とい ...

ブックレビュー

Thumbnail of post image 189

メディアでも頻繁に取り上げられるとおり、AI(人工知能)は世界各国が競って研究・開発競争を進めているところだし、いま一番ホットな分野であるといっても決して過言ではないだろう。僕自身は文系出身なのでテクニカルなことはほとんどわからないけ ...

The National,歌詞対訳

Thumbnail of post image 044

ジョー・ライト監督の映画『シラノ』(Cyrano, 2021)のサウンドトラックに収録。デスナー兄弟が作品全体の音楽を手がけており、映画のエンディングで用いられているこの”Somebody Desperate” ...

歌詞対訳

Thumbnail of post image 012

セカンド・アルバム『セレモニアルズ』(Ceremonials, 2011)に収録。”What the Water Gave Me”というタイトルはフリーダ・カーロの絵画”Lo que el agua ...

歌詞対訳

Thumbnail of post image 105

セカンド・アルバム『セレモニアルズ』(Ceremonials, 2011)からのセカンド・シングル。アルバムの中で最初に書かれた曲だという。フローレンス・アンド・ザ・マシーンは最近は落ち目だと思うけど、2009年の1st『ラングズ』( ...

The National,歌詞対訳

Thumbnail of post image 072

EP『チェリー・ツリー』(Cherry Tree, 2004)に収録。ファンでなければまず知らないであろう隠れた名曲で、いまでもライブでちょこちょこ取り上げられたりしている。きわめてシンプルな小品でありながら、今日という一日を通して、 ...

The National,歌詞対訳

Thumbnail of post image 014

EP『チェリー・ツリー』(Cherry Tree, 2004)に収録。その後、サード・アルバム『アリゲーター』(Alligator, 2005)にも収録された。サビは”And all the wine is all for ...

歌詞対訳

Thumbnail of post image 140

デビューアルバム『ターン・オン・ザ・ブライト・ライツ』(Turn on the Bright Lights, 2002)に収録。デビューシングルでもある。インターポールの曲の中ではたぶんこれが一番好きだ。しかし、ジョイ・ディヴィジョン ...

The National,歌詞対訳

Thumbnail of post image 007

デビューアルバム『ザ・ナショナル』(The National, 2001)に収録。隠れた佳作といったところだろう。「父と息子」というテーマで書かれた歌詞は、このバンドには案外珍しい。仮に(そんなことはまずないにせよ)彼らのベストアルバ ...

The National,歌詞対訳

Thumbnail of post image 162

デビューアルバム『ザ・ナショナル』(The National, 2001)の冒頭を飾るナンバー。どのようなバンドであれ、デビューアルバムの1曲目というのはなにか特別なものがあるような気がしている。ビートルズの「アイ・ソー・ハー・スタン ...